夜間の法科大学院で法曹を目指す

20代社会人が夜間法科大学院で法曹を目指します。2017年4月入学。2020年5月司法試験受験予定。

短答を論文に役立てる

予備試験から撤退したことで短答対策が3科目に減り、最近は短答の問題演習が楽しく感じます。

短答問題を解くにあたって、「規範」と「定義」を正確に覚えることを意識しています。

特に刑法各論の短答問題を繰り返すと、論文における規範・定義の記憶の定着にとても役立ちます。

TAC出版の「考える肢」と伊藤塾の体系別過去問の両輪で、短答8割を目指します。