夜間の法科大学院で法曹を目指す

20代社会人が夜間法科大学院で法曹を目指します。2017年4月入学。2020年5月司法試験受験予定。

あくまでも仕事が第一…は聞き飽きた

職場の上司や人事等と面接があると、法科大学院への通学が話題になります。そこで必ず言われるのは、「あくまでも仕事が第一で」というセリフです。仕事をまともにしない人々に対し指導せず放置しているにも関わらず、上のような綺麗事を言われると、イラっ…

民事系強化の必要性

スタ論の民事系科目を先日受験しましたが、福田クラスで事前に論点を把握しているのにも関わらず、不十分な論述内容となりました。 原因は、論点に至るまでの論述にあります。 例えば、民法において「代理権の相続」という論点を論ずる場合、①相続人が代理権…

公法系第1回の結果

スタ論第1クール公法系第1回の結果が届きました。順位は、約400人中300番程度でした。憲法で途中答案(私見ほぼ書けず)となったのが、大きく点を落とした原因です。受験生約400人中300人程度が「浪人生」ということに少々驚きました。現役生はローの授業が…

スタ論第1クール(公法系第2回)

公法系第2回を受験してきました。憲法は思いっきり解答の筋を外してしまいました。複数の憲法上の主張を思いつき、経済的自由よりも、人権保障の必要性が高い精神的自由を優先して主張すべきとの考えでしたが、ズレていたようです。時間配分に気を遣ったこ…

定義・論証を正確に

合格者の再現答案を読んでいると、上位答案ほど一文が短く文章が明解で、定義や論証も正確に論述されている印象です。特に伊藤塾の論パや辰巳の趣旨規範本を貼り付けたような論証は、上位答案では少ないように感じました。厚く書く部分と薄く書く部分の書き…

スタ論第1クール(公法系第1回)

先日スタ論の第1回を受験してきました。憲法で途中答案となったのが大きな反省点です。これまで憲法論文では、主張すべき人権が複数あり優劣がつけ難い場合は、複合的に保障されると誤魔化して書いていました。しかし複数の人権を取り上げると、その分反論…

司法試験に受からない人

合格した友人の話と、不合格になった受験生のブログからまとめると、以下の特徴がある受験生は合格が遠いようです。・入門講義マニア→予備校の入門講義を渡り歩く・基本書、参考書マニア→基本書、参考書を熟読してわかった気になる・できるようになるまで答…

参考書を断捨離

辰巳の福田講師のアドバイスに従って「合格のためにやるべきことを絞り込む」ために、参考者や問題集を整理しました。本棚から参考書、問題集を全て出して並べてみると、膨大な数があり、これは消化しきれないと驚きました。参考書を買っただけで満足するの…

スタンダード論文答練(福田クラス)第1クールを受講します

秋からの答練は、スタンダード論文答練の福田クラスを受講することにしました。 「伊藤塾のペースメーカー論文答練で行きます」と言ったのは前言撤回です。 理由としては、福田講師が未修者や複数受験者を救済してきた実績です。 辰巳出版の「絶対にすべらな…

辰巳の肢別本アプリ(憲民刑)

辰巳の肢別本のアプリを購入しました。通勤やスキマ時間で短答問題が解けるので、かなり便利ですね。マーカーや文字の色を変える機能も役立ちます。年内は民法を中心に回し、50点以上を安定して取れるように頑張ります。

平成29年度 夜間法科大学院(関東圏)の最終合格率

司法試験に合格された皆様、おめでとうございます。 2年半後には司法試験を受験することを考えると、気を引き締めて学習に励まなければならないと思います。 平成29年度の関東圏の夜間法科大学院の合格率をまとめてました。 【合格者数/受験者数=最終合格…

演習書で学ぶ司法試験合格答案(民事訴訟法)

伊藤塾の「演習書で学ぶ司法試験合格答案(民事訴訟法)」の受講を開始しました。 問題の難易度は、旧司法試験と新司法試験の中間といった印象です。 講義で使用されるパワーポイントの出来がとても良く、復習に役立ちます。

呉・基礎本クラス「完全マスター民事訴訟法」の受講が終わりました

本日、完全マスター民事訴訟法の受講が終わりました。 呉講師の講義は分かり易く、民訴に対する苦手意識が無くなってきました。 復習については、シケタイを使う気にはならないので、和田先生の教科書、論パ、問研を使おうと思います。

辰巳の西口講師の無料講座

Webで辰巳の西口講師の無料講義を受講しました。 西口Careという講座です。 「予備校の入門講座なんてどこも本質は一緒。基礎を固めて手を動かせ!」とのコメントが最も印象的でした。 「勉強方法で悩んでいる暇があるなら、その時間で定義や論証を覚えるべ…

司法試験論文過去問講座・民法(LEC柴田講師)

中古で安く売っていたので、入門講義で評判の良いLECの柴田講師の旧司法試験過去問集を購入しました。伊藤塾の問題研究と比較しながら読んでみようと思います。噂通り柴田講師は、答案で条文の指摘が少ないので条文の追記が必須ですね。

孤独との戦い

ロースクールも夏休みに入り「司法試験」の勉強に集中できる環境にはありますが、最近は孤独な気持ちになりがちです。 社会人学生は、仕事と家庭を抱え時間がないため、専業受験生と比較して、同級生とゼミを組んだり勉強会をすることも難しい環境にあります…

基礎マスター行政法について(伊関講師)

昨日から基礎マスター行政法を受講しています。呉基礎本クラスでは、行政法だけ基礎マス・論マス共に、伊関講師が担当です。パワーポイントを中心に講義が行われていますが、呉講師と比較してかなり淡々と講義が進みメリハリがない印象です。一応全コマを受…

基礎からわかる民事訴訟法(和田吉弘著)

知り合いから進められて和田先生の基本書を購入しました。具体例が豊富なため、基本書にしては理解しやすい・頭に入ってきやすい印象です。民事訴訟法に対しては苦手意識があるので、この本で基本をしっかり復習したいと思います。

働きながら予備試験に合格しよう!(ただし0.5%しか最終合格できません)

平成28年度の予備試験の最終結果を元に、社会人の最終合格率を算出しました。 まず社会人受験者数の合計は「8,164人」です。 ※「公務員、教師、会社員、法律事務所職員、塾講師、自営業」の合計※あくまでも受験生の申告情報です。 そして※で挙げた社会人の最…

基礎マスター憲法(人権部分)を終えて

昨日基礎マスター憲法(人権部分)の受講が終わりました。感想として、・論パが論文対策にとても役立ちます。・シケタイは余事記載が多く復習には使えない(見返す気にならない)印象です。A4サイズでかつ重いので、持ち運びにくいのもネックかと。・シケタイ…

昼休みは短答を解く

最近仕事が落ち着いてきたので、昼休みの時間帯に考える肢を解いています。1日30問でも1ヶ月で600問に。隙間時間を勉強に活かします。

呉・基礎本クラス(基礎マスター刑法の総論部分)を終えて

先日呉・基礎本クラスの刑法総論を終えました。 (現在、基礎マスター憲民刑を同時並行で受講しています。) 感想は以下のとおり。 ・事例を交えて話がとても分かりやすい。ABCのランク付けも復習に役立ちます。 ・気になった点は、論証部分です。掲載されて…

「労働法」の基本書(水町勇一郎著)を購入しました

選択科目対策ということで、労働法(第6版)を購入しました。 事例が豊富に掲載されているので、頭に入ってきやすいですね。 「伊達さんと富沢製紙株式会社」等々、ところどころにネタが仕込んであり、読んでいて飽きません。 主要7科目を仕上げるのが最優…

短答を論文に役立てる

予備試験から撤退したことで短答対策が3科目に減り、最近は短答の問題演習が楽しく感じます。 短答問題を解くにあたって、「規範」と「定義」を正確に覚えることを意識しています。 特に刑法各論の短答問題を繰り返すと、論文における規範・定義の記憶の定…

専業受験生について思うこと

専業受験生について、1日中勉強ができて羨ましいなぁと思うときがあります。 ただ落ちた後のセーフティネットが無いことを考えると、かなりのプレッシャーの中で勉強しているのではないでしょうか。 法科大学院は難関大学の学生が進学しており、学部卒で普…

TAC出版の肢別本

心機一転TAC出版の肢別本を購入しました。 (TAC出版のホームページから買うと10%割引) 辰巳の肢別本よりも若干小さいサイズかと思います。 9月のTKC模試に向けてガツガツ解いていきます。

論証の難しさについて

受験生の答案が、金太郎飴答案と非難を受ける原因の最たるものといえば論証集です。論証の長所は次の点が思いつきます。・考える時間を減らすことができること・試験に落ちない文章を書けること・他の受験生と同じ土壌に立てること(趣旨ハンドブックか伊藤塾…

LECの矢島講師

LECの司法試験講座の矢島講師の無料体験講義をWEB受講しました。 ハンドブックがとても良くまとまっており、A4の半分サイズなので持ち運びにも丁度よいのではと思いました。(辰巳の趣旨規範ブックや伊藤塾の論パよりも好みです。) 参考書が増えるとその分…

伊藤塾ペースメーカー論文答練(短答模試付き)申し込みます

9月から開講される伊藤塾のペースメーカー論文答練を申し込むことにしました。 辰巳のスタンダード論文答練と比べて安価な点も魅力です。 TKCの短答模試については、結果もお知らせしようと思います。 民法50点の壁を越えることがとりあえずの目標です。

法学書院 判例から考える憲法

とある司法試験合格者が勧めていたことから、「判例から考える憲法」を購入しました。 原告の主張と被告の反論の構成に役立ちそうです。 判例の理解を答案に示すことはやはり難しいですね。